仙台のアニコスバーcaramel(キャラメル)にて自由ってなんなのか?教わる

宮城県多賀城駅から徒歩1分のところにある骨盤屋。

スマホ首や肩こりを骨盤矯正と顔の整体で楽にします

昼は骨盤専門

料金4400円から6480円の間

夜はダイエット専門

4か月20万円

かっこいいおやじとかわいいおばさんを作るメソッド。
35歳からのダイエットのコツを配信中。
友だち追加

完全予約制

電話番号07056283307

  月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日
9時30~13時  
14時~18時30  
19時半ダイエット      

日曜日10時から13時

月曜日、休日休み

 

 

 

現在4月です

誰しも一度は考える事、それが自由になりたい。
あなたは自由になりたいと考えたことはありませんか?

のっけからあたまわいてんなーでおなじみ

骨盤屋です。

東京に勉強会にいったら「東京は、いまそんなかっこしてるひといないよ」といわれましたが。
あのなぁ4月の仙台は

「クソ寒いんだよ」

それでは今回のテーマに参りましょう

自由に商売なんかやって、

それでは自由に生きるという事はなんなのでしょうか?

そのなかの一つの考えとして
好き勝手にやる事。
って俺は思ってた

しかし多くの人はそれすらもままならない・・・
生活のために・・・
日曜日もサービス、サービス

なんて人もいるのでは?
おれ自身も自営業ではありますが、

果たして自由とはこんなもんだろうか?

って思う事も多々ある。

例えば時間だったりルールだったり作ることで縛られることもありますし、逆にあるからこそ不安にならない。
それでも自由というのは一体なんでしょう?
と悩むこともある

そこで今回
そんな自由について価値を教えてくれるのがこのアニコスバーcaramel(キャラメル)です。

普通に飲みに行ったのですが、あまりにも深く、そして面白かったので記事にします。
ちなみに記事にする許可はいただいております。

アニコスバーcaramelの場所

まずは場所がわからないとどうしようもないです。ですのでここをクリックしてください

アニコスバーcaramel

ごめんもしかしたらCARAMEL?

宮城県仙台市青葉区国分町2-14-1ライオンビル太陽館8階

ちなみに沢山の飲み屋さんが入っているビルなのでいろいろな人たちとすれ違う。
もしかしたらそこには様々な事情を抱えているかもしれない。

「まぁ他人の事情なんで、どうでもいいですけどね」

アニコスバーcaramelの中はこんな感じ

いたるところに、細工が仕掛けてある。

壁一面にこんな感じで絵がはってある、しかも大きい。
勿論コスプレ用の衣装も用意してある

何とも言えないサブカル感満載

アニコスバーcaramelの料金システム

基本システム

90分が基本

男性が2500円

女性が2000円

カラオケも自分で歌う場合は無料

カラオケも店員さんとデュエットは無料
お店の人に歌ってもらう場合は一曲200円追加

コスプレは500円だった気がする
これごめんうろ覚え

延長30分1000円

女性は800円

値段はリーズナブル
食い物はないので自由に持ち込める

たまに店員さんがそれを食べにくるルール。

これがある意味画期的だけどこういう縛りがないのが自由であるって思えるんだよね。

営業時間
日曜日は休日
平日19時から翌朝5時まで

電話番号

022-796-8592

行く前にかけてからでもいいかもしれない

こういうシステムの説明もちゃんとしてくれるから安心していいよ

アニコスバーcaramelのスタッフさん

俺がいった日は3人いて

「写真とってもいいですか?」
ときいたら

顔出しはNGっていう事を了承するってことでとらせてもらいました。

アニコスバーのcaramelのママ

奈義すけママさん

このお店を2015年から立ち上げたそうで、ゲイママ
でも正直女子は惚れると思う
それぐらいイケメンだったのが印象的

またコスプレが好きみたいで完成度やクオリティがめっちゃたけー
しかも体が細いのでそれがまたかっこいい
女子は一度いってみて恋愛相談するのもいい
案外はっきり言ってくれるので、いい相談ができるかもしれない

ちなみに今フランクミュラーの時計が欲しいとのこと誰かプレゼントしてあげてください。

ひさのさん

このお店でママを支えるスタッフさんだ
うまい具合に話の腰を折らない所に接客のうまさがうかがえる。
ちなみにアニメもみるらしく、仙台港ちかくの夢メッセで行われるイベントにも行くみたいだよ。

ちょここさん

数学ができない子
掛け算がたまにテンパる
明るい感じで話がしやすいタイプ
地方出身なんだけれどそれを感じさせない、東京には遊びにいきたいらしく、誰か連れてって上げてほしい。

他にもスタッフさんがいるのか?
聞かなかったけれど基本は3人体制なんだろう

お店のルール

スタッフさんたちは必ずコスをすること。
ウィッグも着用義務

基本的にはその日でコスプレを合わせるようにしてるみたい。

ツイッターでも情報があるので見てみると面白い

アニコスバーcaramelツイッター

お客さんのルール

当たり前だけど未成年での飲酒はダメ

お店に迷惑かけちゃだめだよ。

18歳以上は来てもいい

 

はたらいてる人たちに聞いてみた

お店の話だけでも面白いんだけどそれだけだと情報をただ伝えるブログになってしまうので実際働いてる方々にもお話を聞いてみたよ。今回は自由について知りたいからね。

バーのママ

奈義すけままさんが放つ印象的な一言

別のお客さんとも絡んでいるのを聞きながらきかせてもらった。

そのなかでも頭に残っているのはこれだった

「全部自分ルール、私がいいって言ったらぜんぶいいし、ダメと言ったらだめ、気分屋なのー」

「お客さんがお菓子を持ってきてくれるし、お酒も日本酒なんかもみんなで飲んじゃう、でもそれで成り立っちゃう」

「お客さんが上とか下っていう考えはまったくない、みんな一緒なのよね」

おれ自身が特に感じたこと

それは、

「お互いに一人の人として対等」
ってことだ。

普通はなかなかできない

誰しも接客業ならばこういった事も意識してしまうだろうし、普通はお客さんのために・・・
なんていうのがある

でもここのアニコスバーcaramelではまったくそんなことない。

かといってお客さんも楽しんでないのか?
といえばそうでもない。

みんなカラオケでアニメの曲をいれたり、かといってそれだけか?

というとヒデの曲なんかも歌ってたりする。

おれがこれを見て思ったことは

「大きいルールが確立されているからこそ、小さいながらでも自由っていうのがあるのかもしれない」

そのなかには道徳っていうのは勿論あるけど。

そして

一番感じたのは差別がない

差別っていうのは、上や下に決めつけたもの
だけど、それが全くこのお店で感じられないように作っているのがすごく印象的だった。

スタッフさんにもお話を聞いてみる

ひさのさん

マクロスデルタ、かなめさんの衣装だった。

その日は「アンインストール」っていう曲をリクエストしたんだけど久しぶりに聞けたのでうれしかった。

ご本人いわく「高いキーより低いほうがいい」

とは言ってたけれどね。

ひさのさんはこのお店で2年目らしく、初期のころから一緒に働いてるからスタッフの雰囲気もいい
とのこと

元々ご本人は他県からきていて、昔からアニメや、漫画本は結構読んでたらしい。
たまにコミケのイベントなんかも行くらしく、白石なんかでも今度みんなで服合わせをおこなうみたい

ツイッターなんかでも見ているとコスプレが本当にすきなんだなってのが伝わってくる。
俺が来ているときに他のお客さんともデュエットしたりしてたけど、見ているほうとしては楽しそうだった。

忙しい日はいつ頃なんですか?

ちょいと聞いてみる

ひさのさん「大体金曜日と土曜日、日曜日は休みなんだけどイベントなんかもたまに行ってる」

国分町自体、金曜と土曜日はどこの店でも忙しい。
これが普通。

それはここのお店caramelもおんなじ。

なのでもしいくなら

そういった日は外してほかの平日だといろいろ話せるかもしれない。

更に話してみた

他のお客さんもいらっしゃったときについたのがちょここさん。

この方も他県から来ていて桜の話でも、ずれを感じた

一般的に仙台って4月の中頃が見ごろなんですけど、彼女の地元だとGWぐらいなんだそうだ。

Facebookの使い方がよくわからないらしいから
誰か教えてあげて

(骨盤屋)
仕事に対しての不安はない?例えば年齢重ねてきてとか

ちょっと意地悪な質問をしてみた。

彼女の答えは

ちょここさん「特に不安はないかなー、何がチャンスなのか?なんてのはわからないわけだし、なにかいい話も転がり込んでくるかもしれないしね、それに年食ってもお客さんは自分の事を知っててくれると思うから、別に気にしない」

俺もそうだけど、客が離れるっていうのは、何かしら以前と変わっている・・・
というのが根底にあって、そういった不安ていうのは商売やってれば誰しもあるんだけど、それについてぶれないで行けるスタンスっていうのがこのお店「アニコスバーcaramel]

そもそも恐れる必要なんて最初からなかったのかもしれない。

他にもたわいもない話もしたけれど普通の女の子。

むしろ

色眼鏡をつかってみているのはこっちの勝手な都合である。

そしてなぜか?これを発見したので

「これどこで買ったの?」って聞きたいものがあった

それがこれ

(骨盤屋)
これどこで売ってるの?

ちょここさん「ドンキらしい、わからん私が来た時にはすでにあった」

「あ、、、、そう」

他にもよくわからないお面なんかも沢山ある、
そんなお店

普通となんか違う、でもなんか違うからこそいいんじゃないかな?

あなたも人生で悩んだ時には一度

アニコスバーcaramelにあしを運んでみるといいかもしれない。
なんてたってここには差別なんかない
○○好きだといっても笑ってくれる。

一人で行くのも勇気がいるかもしれないけれど行ってみるとそうでもない

こちらが思うほどお店はそこまで気にしていない

ちなみに今回は一人で行ってみたよ

会計と帰り

そこであっというまにお時間が来てしまったのでこの日はこれで終了

「お会計で」

すると出てくる伝票がこれ

「2720円」

これは安いと思う

食べ物は今度来るときは持参していこうと思った。
酒だけやカラオケだけ楽しみたい人にもお勧めです。

帰り際、奈義すけママと握手して

「楽しかった」と伝える

そのあと

ちょここさんが

帰りエレベーターまでみ送ってくれた
ちょここさんサンキュー

ちなみにこのウィッグって不思議なつくりなんですけど長い髪の毛でもすべておさまるようにできている作りなんだって。

これは知らなかった。

今一度最後にお店の情報を載せておきます。

アニコスバーCARAMEL

地図も載せときます

たまにはなんか刺激が欲しいっていう男性女性のみなさん。
そしてオタクの友達なんかも欲しいっていう方々

ぜひ一度行ってみてくださいね。

奈義すけまま

写真とブログの承諾してくださってありがとうございました。

たまには真面目にお店紹介

宮城県多賀城市サブカルチャーを目指す首肩専門

骨盤屋でした

 

 

 

The following two tabs change content below.
骨盤屋
宮城県仙台市の整体骨盤屋、最近脂肪肝に悩んでいてダイエットを開発しました。

ウエスト100センチの挑戦

骨盤屋のダイエット実況LINE

ウエストマイナス12センチ達成!!
もうすぐシックスパック!?
無理しないダイエットについて配信しているLINE@はこちらから!

登録していただきますとダイエット体験会5500円を3240円にさせて頂きます

食事の我慢をせず、ダイエットを成功させて、かっこいいお腹を作りたいあなたをお待ちしてます

でぶ卒業ボタン

骨盤屋へのお問い合わせはこちらから




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA