ブランドとか差別化ってあんまり考えないほうが面白いことできる

宮城県多賀城駅から徒歩1分のところにある骨盤屋。

スマホ首や肩こりを骨盤矯正と顔の整体で楽にします

昼は骨盤専門

料金4400円から6480円の間

夜はダイエット専門

4か月20万円

かっこいいおやじとかわいいおばさんを作るメソッド。
35歳からのダイエットのコツを配信中。
友だち追加

完全予約制

電話番号07056283307

  月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日
9時30~13時  
14時~18時30  
19時半ダイエット      

日曜日10時から13時

月曜日、休日休み

 

 

 

今日は地域情報誌の打ち合わせしてます、骨盤屋です。

ありきたりの見せ方に飽きてきた

担当者さんとのお話の中で広告の内容をどうするのか?って話もしてたんですけど。

それじゃあ、普通ってどんなんだろうなって。

一般的と同じで

整骨院の強み出して、料金割引だして反応みるっていうのが普通に今までしてきたことなんですよね。

っで、広告出すときってふと考えてみるとそれしかやってなくて、その中でもあんまりにも集まり悪い時もある。

先月は正直そこまで集まらなくて逆にブログなんかのほうが圧倒的。

これってうれしい事でもあるんですけど同時に、「紙媒体ってもう見られていないのかな?」

って考えるとそういう事でもなく。

それじゃあ集まらないのはなんでだろうね?
って話を広告担当者さんと話をしてた。

そしたら広告担当の方が弱気になってきて打算案を持ってきたんだけどおれ自身は仮にそれやっても続かないだろうなって

おもってて、逆に「どうすれば今の案がもっと良くなるのか?」っていうのをききたかったんだよね。

それが無理っていうのなら諦めるって感じだったんだけどまだまだやっていない事もあって、

それじゃあそれやろうよ。

ってことでまとまった

治療は別に捨ててもいいんだよね

こんなこというのも変な話なんですけど、「別に治療家であっても治療だけで集まんなくてもいいかな?」

っていうのは最近感じるわけ。

それっていうのは、結局治療だけだと

「自分じゃなくてもよくない?」

っていうのが核にあって

 

それだけじゃなくて・・・
の部分をいかに出しておもしろいことやってくのか?

って話なんだけど。

もともとこの広告紙もやめようと思っていた。

なぜなら

最初はこの広告紙って分院の方の集客に使っていたんだけど

「人数はもう集まってきたのと独立するからもういらない」って以前のスタッフに言われて

「んじゃあ何かうまい使い方ないかな?」ってなったのがきっかけだった。

契約はまだ残っているしお金も払うことになっているから、すこし頭つかってみるか・・・

ってことで今に至ってます。

んで結局決まった事

そして結局決まった事って何か?

っていうと治療院の話もほとんど書かずに、漫画の座談会の告知記事になった。

内容としては漫画の話をひたすらしたりアニメの話で盛り上がれるコミュを作ってみたかった。

その中でも

興味ある人は治療するけどってぐらい。

それ決まったときに

「おお」ってなって情報誌出るのが楽しみになった。

モチベーションなんてそんなもんですわ。

ブランドとか差別化

ブランド化とか差別化なんてのは特に気にすることもなく

また他人基準で考えてもいいものって出てこない。

そういうのが改めて実感したなーって

そんな一日でした。

 

 

The following two tabs change content below.
骨盤屋
宮城県仙台市の整体骨盤屋、最近脂肪肝に悩んでいてダイエットを開発しました。

ウエスト100センチの挑戦

骨盤屋のダイエット実況LINE

ウエストマイナス12センチ達成!!
もうすぐシックスパック!?
無理しないダイエットについて配信しているLINE@はこちらから!

登録していただきますとダイエット体験会5500円を3240円にさせて頂きます

食事の我慢をせず、ダイエットを成功させて、かっこいいお腹を作りたいあなたをお待ちしてます

でぶ卒業ボタン

骨盤屋へのお問い合わせはこちらから




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA