優先度がひくいので・・・または苦手だからで放置するのはもったいない

宮城県多賀城駅から徒歩1分のところにある骨盤屋。

スマホ首や肩こりを骨盤矯正と顔の整体で楽にします

昼は骨盤専門

料金4400円から6480円の間

夜はダイエット専門

4か月20万円

かっこいいおやじとかわいいおばさんを作るメソッド。
35歳からのダイエットのコツを配信中。
友だち追加

完全予約制

電話番号07056283307

  月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日
9時30~13時  
14時~18時30  
19時半ダイエット      

日曜日10時から13時

月曜日、休日休み

 

 

 

骨盤屋です、

誰しも時間ができたらあれをやろう、これをやろう

そしてこの野郎。

といいますがなかなかできません。

これってなんでなのかな?

って考えてみると、わかったことが一つあってそれが

「優先順位が低い」

ということにいきついた。

そんなこと知ってるわー

とかいう人もいるとは思いますが、この優先度。

自分の場合は3番目にぐらいまではいってこないとやらない

例えばこのブログも必死に更新しているのか?
というとそうでもなくやれる時間でやる

って決めているので、その中でもできるように調節してやったりする。

だけどたまに、これやばい

早く更新せねばっていうときもでてくるわけです。

そういったときってどんな時なのか?
っていうと

(骨盤屋)
これ早く伝えたい

っていうときですね

かといって更新しないとしないでいると、なんだかなー

って感じもしますので

結局は更新するんですけど。

アッほぼ自己満です。

ご了承ください

優先順位をあげるために

それでは、優先順位を上げるために自分が何を行っているのか?
っていいますと

まず先に紙に書くということ

そして書いたら、順番を付けていく

 

順番をつけたら、やり始める

っていう感じです

優先度が高いことは分かっている

ですが中にはこんな人もいますよね

それが

やらないといけないことはわかっているのだ。

しかしできないのだ

っていう人

むろん自分もこのタイプでして困ってしまうわけです。

特に近くにマンガ本が大量にありますからね、ついつい

って感じです

しかし

こういったことを解決するためにおすすめな方法があります。

それがこれ

とりあえず、おおきな、なやみを小さくしていく

ということ

問題が今の自分では大きすぎるのです。

たとえるならそうですね

「肩こりをなくしたい、今すぐに」

という患者さんに対して

自分も含めて「すぐには無理です」

っていうんですよ。

これって物理的な問題もあり、例えば手に切り傷があって、そこから大量に血が出ている。

「これをすぐに止めて」っていうのと一緒なんですよ

なかなか止まらない

止めるためには縫うしかない

そして縫ってもすぐに傷が治るのか?
っていうと治らない

時間がかかる

だけど処置しないと、そのまま血は出続けている。

肩こりをすぐに治すっていうのはこんな感じ。

しかしこと仕事においては

それを望んじゃってて

自分はこれできるはずなんだよー

っていう根拠のない自信を持ってくる人がいるわけです。

しかし

それをみている周りの人たちは

十中八九

「むりだろーなー」ってなもんです。

これは

心屋仁之助さんの最近だした理論による、前者、後者の考え方で言うところの後者さんなんでしょうね。

ちなみに自分の周りは後者だらけ

基本的に最初は頼むと「すぐにやります」と出してきますがそれがなかなか達成しなくなってくるわけです。

さらに女性なんかは、結構泣いちゃう人が多い。

「頑張っているんですけど・・・・」

それか

「いっぱいいっぱいです」

となる

ここでの提案はあきらめさせる事、

 

だけどなかなか認められない。

これって

ご自身に許可が出せないんでしょうね。

許せない自分ができないことが・・・・

ってなもんです

ですので大きな課題に挫折する前に小さな課題に切り替えていくということを念頭にするといいかも。

そして最初からできないと早々諦めて自分の中で何ができるのか?もう一度かんがえてみるといいかもしれませんね。

そして優先度が低い理由

一番はめんどくさいことが多い

これに尽きるのではないでしょうか?

優先度が高いものってめんどくさいがない

めんどくさいものが低いわけです。

「あーめんどくせー、めんどくせー」

で小学校の時から来たわけです。

それをいきなりめんどくさいことやってください、もしくはめんどくさいことから逃げているので解決につながりません 

まぁ優先度が低いことなんてなどというのがでてくるのは当たり前なわけです。

なぜなら

学校の給食でもそうですが、好きなものから食べていけば当然嫌いなものは残るわけです。

そして嫌いなものが実は重要だったりする。

嫌いなもののかわりに何か別なことで代用しようとしますが、最初はいいのですが徐々にできないことが出てきて、最終的に

「やっぱりここに戻ってくるのね」

となります。

そうなったときに、ようやく優先度が上がってくるのですが、今度はあげるだけあげて

こなしかたがわからない。

例えば

食事なんかがいい例でして

料理をつくるのがめんどくさいので毎日カップラーメンを食べています。

これは楽です

お湯入れて3分近く待っていればいいので

しかし

いずれこの生活はどんどん苦しくなってきます。

年齢を重ねたときに、体の心配も出てくる

そして女性ならば結婚して、自分が作らなければならない

まずければ相手においしくないね

とはっきり言われるわけです、

そうなってくると、料理に対して向き合わないければなりません。めんどくさいことです

さらに、その料理から逃げるために、料理のできる旦那を捕まえてこなければなりません

その旦那も料理ができない人となると、作ってくれる人をお金を払って連れてこなくてはなりません。

むろん

お金があれば解決するわけですが、これもなかなか難しいこともあるわけです。

めんどくさいをやめてみる

めんどくさいということに取り組んでみるといろいろなことが見えてきます、

その中でも面白いことがってそれが

「苦手だと思っていただけで実は得意だった」

ということもあり得るわけです。

逆にめんどくさくないということが、このめんどくさいをやめてみる勇気をもつだけで、今までよりももっとやりやすくなることも十分にあり得ます。

なぜなら、優先を付けているということは、関係ないようで大いに関係があった・・・

ということもあるからです。

ですので是非やってみてくださいね

めんどくさいこと

ブログはうんちく

治療はまじめに

骨盤屋でした

 

The following two tabs change content below.
骨盤屋
宮城県仙台市の整体骨盤屋、最近脂肪肝に悩んでいてダイエットを開発しました。

ウエスト100センチの挑戦

骨盤屋のダイエット実況LINE

ウエストマイナス12センチ達成!!
もうすぐシックスパック!?
無理しないダイエットについて配信しているLINE@はこちらから!

登録していただきますとダイエット体験会5500円を3240円にさせて頂きます

食事の我慢をせず、ダイエットを成功させて、かっこいいお腹を作りたいあなたをお待ちしてます

でぶ卒業ボタン

骨盤屋へのお問い合わせはこちらから




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA